展示当日について

在廊について

在廊は必須ではありませんが、会場には沢山の作家や来場者がいらしています。
特に土日は賑わいます。

作家同士の部門や性別、年齢をこえた交流が出来ますので、在廊を推奨します。
交流を通して創作の視野が広がるはずです。

在廊する場合について

会場

参加作家には入口受付のホワイトボードに名前を記述していただければと思います。
外出中、帰宅したら消すなど、受付が来場者に案内しやすいようご協力をお願いします。

SNS

twitter等SNSで、「#ZEN展在廊日」とハッシュタグをつけて、一般来場者に伝わりやすいように呟いて頂けると、在廊が分かりやすくなります。

在廊の際の持ち物

参加作家と分かるように、名刺を名刺ホルダーに入れて首から下げるなど、工夫をお願いします。
※名刺や名刺ホルダーは各自ご用意ください。

名刺や名刺ホルダーがない場合は、ZEN展の方でシールを用意しています。
作家名や部門などがかけますので、必要であれば受付にてお声がけください。

作家宣伝について

チラシ、名刺などは会期中も補充できます。
作家活動の宣伝にお使いください。

投票について

公募展は投票制度があります。投票ができるのは祝賀会前日までになります。
※作者本人が自分の作品に投票するのも可。

ご来場者様の作品の反応を見れる機会になりますので、よい刺激になると思います。
投票数は事務局員が責任を持って集計いたします。

ギャラリートークについて

自分の作品をご来場者様に説明できるギャラリートークを行います。(昨日者が少ない場合は行いません)
ご希望の方は、当日受付にてお問い合わせください。
受付のホワイトボードにてお名前をお書きの上、開始時間までお待ちください。

作品を説明する人は展示している作家のみで、説明をできるのはご自身の作品のみです。
公募展の場合、知名度や投票数アップに繋がるはずですので、奮ってご参加ください。
ギャラリートークについて

Scroll to top