よくある質問

Q.公募展は初めて参加するので不安です。
ZEN展ではプロとして活躍している作家も沢山参加しますが、初めて美術館で参加されるかたが多くいらっしゃいます。ご安心ください。

初めて参加される作家は、学生はもちろん、プロ志望のかたや、趣味として始めたかたなど様々です。

会場では作家が在廊していることが多く、話がしやすい雰囲気です。
名刺などを持参しておくと、交流がしやすいと思います。

また参加作家にはお食事をしながらゆっくり交流が出来るように祝辞会への案内をさせて頂きます。是非祝辞会にもご参加ください。
(祝辞会は都合により無くなる場合がございます。ご了承ください)

Q.美術館に展示は憧れますが、学生なので出展費の問題で悩んでいます。
ZEN展は全ての人に平等に作品を展示して頂きたい気持ちが強いため、お金の問題で美術館に飾れない学生や障がい者のかたにも参加しやすいように、割引制度を設けています。

公募展のみになりますが、学生証があれば学生割引、障害者手帳をお持ちの方は障がい者割引がございます。是非ご利用下さい。

Q.半立体作品を出展しようと思います。絵画部門か立体部門か迷っています。
部門選択は制作者にゆだねています。
壁に掛けられる場合は絵画部門を選ばれる方が多い印象です。また、切り絵や版画の作家も「絵画部門」か「イラスト部門」かで迷われる方が多くいらっしゃいますが、作品のテイストによって制作者に選択をお願いしています。

ZEN展では部門ごとに展示するわけではなく、会場の雰囲気によって展示する位置を決めますので、どの部門を選んでいただいても差がないようにいたします。

Q.キャンバスに描いた作品は額縁必須でしょうか?
キャンバスの場合は、木枠に釘・ネジで固定し、紐をつけていただければ額縁がなくても展示できます。

強度の問題で紙に描いた作品のみの搬入は展示中の破損、傷の原因となりますので、ご遠慮ください。

Q.土日しかお休みが取れません。毎日会場に在廊できませんが大丈夫ですか?
ZEN展事務局員が平日も受付におりますので、毎日在廊しなくて大丈夫です。
無理のないスケジュールでいらしてください。
Q.複数の作家で1つの作品を作っています。合作も展示できますか?
合作の場合も規定内のサイズであれば、展示できます。
メール等の連絡は代表者にいたします。合作の場合、作者名の枠は代表者名かグループ名になります。タイトル札の枠の都合上、団体名は20文字以内にしてください。

今まで学校のクラス一同で1作品という例もありました。

Q.1つは絵画部門、1つは書部門で申し込みをしたいと思います。複数の部門で申し込みはできますか?
webからの申し込みの場合、1人の作家の複数部門の申し込みはご遠慮いただいております。
Q.電気を使った作品を作りたいです。応募できますか?
会場によって、別途電源申請が必要になるので、まずお問い合わせください。
電気を使える場所が限られていますので、先着順となりますのでご了承ください。

映像作品も今まで応募をいただき、展示させていただきました。
音の問題で展示できる場所が限られます。
会場によっては機材からヘッドフォンをで音を流す展示になります。