ZEN展 | 東京都美術館 | 銀座 | 公募展の開催 (自然と禅がテーマです)絵画展・書等の開催

 

理念

 

理念 Policy

理念 Policy
 
作品展示の機会を広く平等に
ZEN展は、派閥、流派、国籍を問わず広く公平に開催する事を信条とするもとする
 
 
公募ZEN展は、作品の大小も関係ありません、年齢も関係ありあません、始められてからの年数も関係ありません。一度東京都美術館に展示して、多数の方に鑑賞して頂きたいという意欲のある方なら、どなたでも大歓迎いたします。
皆様の周りに、少しでも出展してみたい方がいらっしゃれば。お誘いください。
公募ZEN展は、「派閥・流派・国籍を問わず広く公平に開催する事を身上とする」という言葉通り、公募団体の意向など気にしないで、自由に作家自身の思いのまま発表できる展覧会として、これからも頑張って活動していきたいと思っておりますので、各、先生方ぜひご協力をよろしくお願い申し上げます。
公募ZEN展は、会員制(会費制)ではなく、毎年、自由参加の一般公募だけの運営です。
 

運営組織図

運営組織図
  「ZEN展」理事長 永森一郎
  「ZEN展」運営委員会 広報部門
会計部門
企画、制作部門
(「ZEN展」オリジナル企画、図録写真DVD、
出展作品の記念葉書制作 等)
 

理事長 画歴

理事長 画歴
 
1949年 大阪に生まれる。(高知県長岡郡出身)
1975年 東京芸術大学美術学部日本画科卒
1980年 福井永平寺の高祖図、鶴見総持寺の太祖図の修復
1981年 鎌倉長勝寺修練道場仏画製作
1982年 東京町田妙声寺「黎」100号、「峰」100号収蔵
       イラクフセイン大統領「愁」買上
横浜「ハマ展」商工会議所会頭賞受賞
       神奈川県座間宗仲寺「墟」120号買上
1983年 比叡山延暦寺「第三代座主慈覚大師円仁尊像」製作 
       日本現代美術家連盟理事
1984年 横浜「ハマ展」美術協会賞受賞
       川越喜多院「元三慈恵大師尊像画」制作
       埼玉「連展」第一部門金賞・第二部門功労賞受賞
1985年 インド四大仏跡取材旅行、ブダガヤの日本寺で剃度出家
       鎌倉光明寺法主藤吉慈海先生より「覚道」と命名される 
       禅文化研究所季刊「禅文化」にインドスケッチ掲載
1986年 鎌倉光明寺「洸」ブダガヤ奉納
1987年 東京中野成願寺境内四季スケッチ制作
       横浜正覚寺「沁」ビルマ180号買上
       都立松沢病院「鶴」200号修復
       川越喜多院「歴代上人図」修復、模写制作
1988年 千葉夷隅郡真福寺欄間龍修復
1989年 東京大久保全龍寺「涅槃図」800号制作 
       東京中野成願寺屏風絵「古今五曲屏風」制作 
       大阪堺大阿弥陀経寺「登圓菩薩図」及び「廬山図」修復
       鳥取八頭郡西橋寺「想」買上 
       日本銀行「梢」20号買上
1990年 滋賀正福寺境内スケッチ制作
       横浜東福寺「白梅図」四枚板戸、「桂林山水」四曲屏風制作 
       新潟県信用農業組合「藍」15号買上
       トーエネック協力会㈱「黎」買上
       ㈱谷津建設「賢」80号買上
1991年 千葉夷隅郡善応寺格天井鳳凰図及び欄間龍修復・制作
       富士電機工事㈱本社「峰」50号買上
       新潟県大和町農協本所「望」100号買上 
       浄土宗芸術家協会々員
1992年 横浜玉泉寺「釈迦来迎図」150号軸製作
       新潟県電算センター「想」20号買上
1993年 新潟県農業協同組合中越支所「萌」15号買上
1994年 ㈱エーザイ薬品「奏」買上
1995年 神奈川県相模原市陽光園「萌」収蔵
群馬県太田市役所「洸」50号買上
1996年 相模原市小泉産業㈱「萌」50号、「満」50号買上
愛知県大府市住友エール㈱「藍」買上
       広島県福山市国際聚蔵館「望」30号収蔵
       広島県福山市広建コンサルタント「萌」50号買上
       新潟県燕市臼山町六朝館「透」30号収蔵
1997年 新潟県大和町普光寺、谷文晁作「龍図」双福板絵修復 
       新潟県大和町アトリエ「越遊舎」設立 
       群馬県邑楽郡千代田運輸株式会社「歓」50号買上
1998年 ATV㈱青森テレビ「望」50号買上
       青森銀行「峰」30号買上
       観世流能舞台「老松」鏡製作(7200×2600cm)
1999年 広島県福山市㈱サカエテキスタイル「爽」30号買上
       広島英数学館小学校タイル・陶枚卒業制作毎年監修
2000年 横浜宗英寺開祖歴代図制作 
       東京町田東光寺「釈迦金棺出現図」1000号制作
2001年 東京町田東光寺「十二天(護法神)六曲一双」制作
       横浜宗英寺 野外大壁面観音二十六体図、花草図制作
2002年 神奈川県座間市役所「瀑」60号収蔵
2003年 大阪池田大広寺 襖絵108余枚制作
2004年 東京町田東光寺 六曲屏風「龍図」制作
       公募「ZEN展」理事長就任
2006年 東京都美術館 公募「ZEN展」毎年開催 世界各国より参加
2008年 広島(社)福山法人会絵画コンクール審査 2000年より~ 
       日韓中 書画絵画展「ZEN展」参加
       (財)日本ユニセフ協会より「歓」(joy)グリーティングカードに選出され世界に配布
2010年 秋田Fuji 美術館監修
2011年 長野盛隆寺 鳳凰・龍・桂林 襖絵十二面作製
2012年 長野隆源寺 北信五岳 桜図 襖絵十二面制作
    長野盛隆寺「大涅槃図」制作(3000×5000cm) 
2014年 長野盛隆寺「桜満開図」襖絵制作
2015年 神奈川「煌蘭」大シルクロード壁面聖制作(1m×60m)
 

歴史 history

歴史 history
 
「ZEN展」はその前身である「柴胡会」を1985年に全国公募展として、日本画「永森一郎」画伯(現:当理事長)により相模原にて発足されました。
1992年春より第7回「柴胡会公募展」の相模原市グリーンホールでの開催を契機に、毎年多数の出展応募を受け、2002年には第25回「柴胡会公募展」まで開催致しました。
また「柴胡会公募展」開催と同時に「柴胡会選抜展」も毎年、銀座大黒屋ギャラリーで20余回開催されて来ました。

その後も、神奈川県相模原市を中心に、30余の展覧会を精力的に開催し、 2003年には「ZEN展」と名を改め、その活動の舞台も「東京都美術館」へと、広げて参りました。これは、応募出展作品数が会場の展示スペースを遥かに越えて来ました事と、活動内容が世界的な展開になった事がありました。
そこで展覧会名も より広く世界にアピール出来る様「ZEN展」と改めました。展覧会のテーマも <自然と禅> に決まり、理念も「派閥、流派、国籍を問わず広く公平に開催する事を信条とする」事となりました。

2008年の第5回公募「ZEN展」では、国内外より絵画、書、工芸、イラスト、写真、パフォーマンス各部門に合計360点余の出展作品が集まり、ご来場者も期間中4100名をお迎えする事が出来ました。
2009年の第6回公募「ZEN展」より、イラスト、写真部門を新設する事となりました。


■主な後援団体
 第4回 「ZEN展」 日本赤十字
 第5回 「ZEN展」 日本ユニセフ

 
<<公募ZEN展>>お問い合わせは、携帯090-1054-9818へお願いします。
■本部 長野県上水内飯綱町高坂1300-55
TEL:090-1054-9818 FAX:026-257-1526